日本の超高層ビルに設置されているエレベーターの台数をまとめてみた

building-elevator-number-main

私の家の近くに日本で最も高い高層ビル「あべのハルカス」が開業してから、訪れる機会が多いのですが、ここで、ふと気になることがあります。

それは、「このビルには、何台のエレベーターが設置されているのだろうか」ということ。

少し気になったので、日本の超高層ビルに設置されているエレベーターの台数をまとめてみました。

エレベーターの設置台数

今回は、日本のビルの地上高さ1位から5位までを調査しています。

エレベーターの設置台数まとめ
名称(都道府県) 地上高さ 階数 竣工年 エレベーター
設置台数
あべのハルカス(大阪府) 300m 60階 2014年 56基
横浜ランドマークタワー(神奈川県) 296.3m 70階 1993年 79基
りんくうゲートタワービル(大阪府) 256.1m 56階 1996年 22基
大阪府咲洲庁舎(大阪府) 256.0m 55階 1995年 26基
虎ノ門ヒルズ(東京都) 255.5m 52階 2014年 53基

調査した結果、 神奈川県横浜市西区みなとみらいに所在する「横浜ランドマークタワー」が一番多いと分かりました。

横浜ランドマークタワーは、日本一速いエレベーター(最高分速750メートル)が設置されていることでも知られています。

私がよく訪れる「あべのハルカス」は、56基のようです。

「意外にも多い!56基も設置されているのか!」というのが、正直な感想です。

ちなみに、あべのハルカスは、エレベーターの設置台数を減らしつつ、輸送能力を確保する「スカイロビー方式」を採用しており、シャトルエレベーターでB1階から17階までノンストップで移動できます。

エレベーターのスカイロビー方式については、『エレベーターのスカイロビー方式とは?採用する理由・仕組みを解説』で紹介しています。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ