小荷物専用昇降機について、昇降機単独の確認申請が不要とは、どのような意味ですか?

Q. 小荷物専用昇降機について、昇降機単独の確認申請が不要とは、どのような意味ですか?

A. 小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の確認申請に係る法令は、「建築基準法第6条(建築物の建築等に関する申請及び確認)」と「建築基準法第87条の2(建築設備への準用)」が挙げられます。

  1. 建築基準法第6条は「建築物」の確認申請
  2. 建築基準法第87条の2は「建築設備」の確認申請 となります。

例えば、京都市情報館「昇降機の確認申請等について」の記載内容を見ましょう。

なお,京都市の扱いとして,小荷物専用昇降機についての昇降機単独の確認申請は不要です。
出典:京都市情報館「昇降機の確認申請等について」

この場合の”単独の確認申請が不要”とは、建築基準法第87条の2「建築設備」の確認申請が不要という意味です。

ここで注意していただきたいことは、小荷物専用昇降機を設置する地域の特定行政庁が「建築基準法第87条の2(建築設備)に係る確認申請は必要ありません。」としている場合であっても、建築基準法第6条(建築物)に係る「確認申請」の対象にはなる点です。

つまり、小荷物専用昇降機”単独”で審査することはありませんが、”建築物の一部”として小荷物専用昇降機の構造審査が行われます。

ただし、小荷物専用昇降機単独の確認申請に比べると、審査内容は簡易的です。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ