エレベーターの2重ブレーキとは何ですか?

Q. エレベーターの2重ブレーキとは何ですか?

A. エレベーターの2重ブレーキとは、エレベーターに2種類のブレーキ(「通常のブレーキ」と「独立したブレーキ」)が付いていることをいいます。

2重ブレーキにすることで、万が一、何かしらの不具合で通常のブレーキが動作しなくなっても、独立したブレーキが働き、かごを停止させることが可能です。

人が挟まる事故

2重ブレーキは、エレベーターのかごと天井の間に人が挟まる事故の防止にも繋がります。

人が挟まる事故イラスト

エレベーターに1人、2人しか乗っていない場合、”かご”より”ウエイト”の方が重くなります。

そのため、1つブレーキが故障しただけで、扉が開いたまま、かごが急上昇する恐れがあります。

詳しくは、『エレベーターの戸開走行保護装置(UCMP)-国土交通大臣認定の安全装置』をご覧ください。

なお、エレベーターの2重ブレーキは、「戸開走行保護装置(UCMP)」と呼ばれる国土交通大臣の認定を受けた安全システムを搭載することで実現されています。

つまり、ブレーキを2重にするだけでなく、ブレーキを制御する”制御盤”も2重になっています。

この装置は、2009年(平成21年)「建築基準法施行令の一部を改正する政令」により、義務付けされました。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ