エレベーターの戸開走行保護装置(UCMP)について質問

Q. 私が住んでるマンションのエレベーターには、戸開走行保護装置(UCMP)が設置されていませんが、これって違法でしょうか?

A. 違法かどうかは、エレベーターの設置時期によって異なります。

戸開走行保護装置(UCMP)は、平成21年9月28日に施行された「建築基準法施行令の一部を改正する政令 (平成20年政令第290号)」で定められました。

この法改正により、平成21年9月28日以降に着工されたエレベーターに「戸開走行保護装置」の設置が義務付けられましたが、この法改正以前に設置されている既存エレベーターに関しては、「既存不適格」扱いとなり、戸開走行保護装置がなくても、引き続き合法的に使用することができます。(違法ではない)

既存不適格とは、「エレベーター設置当時は法令に合致していたが、その後の法改正により、法令に合致しなくなったエレベーター」です。建築基準法第3条2項「適用の除外」において、既存不適格のエレベーターは、違法にならないとされています。

ただし、エレベーターをリニューアルする等で再度エレベーターの確認申請が必要になった場合は、既存エレベーターであっても、戸開走行保護装置の設置が求められるため、注意が必要です。

エレベーターの設置時期による扱いの違い
平成21年9月28日以前 平成21年9月28日以降
戸開走行保護装置が不要 戸開走行保護装置が必要

最後に、戸開走行保護装置の設置は、公共賃貸住宅でのエレベーター戸開走行事故(人がエレベーターと天井に挟まった事故)が発端となり義務付けられました。

既存不適格により、戸開走行保護装置の設置義務がない場合でも、エレベーターを安全にお使いいただくために、最新の法令を遵守することをおすすめします。

※一定の条件を満たした昇降機(荷物専用エレベーター、段差解消機など)は、戸開走行保護装置(UCMP)の設置が免除されます。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ