エレベーターに乗っているとき、停電になると中は真っ暗になるの?

エレベーターに乗っているとき、「今、停電になったら、真っ暗な状態で閉じ込められてしまうのでは?」とふと思ってしまいます。

では、実際のところどうなのでしょうか?

停電時の照明装置に関する法令

エレベーターの構造について定めている「建築基準法施行令」では、次のように記述されています。

3  エレベーターには、前項に定める制動装置のほか、次に掲げる安全装置を設けなければならない。
四  乗用エレベーター又は寝台用エレベーターにあつては、次に掲げる安全装置
ロ 停電の場合においても、床面で一ルクス以上の照度を確保することができる照明装置
出典:建築基準法施行令「エレベーターの安全装置(第百二十九条の十)」

つまり、停電になったときも、1ルクス以上の明るさを確保しなければならないということです。

停電灯そのため、エレベーターには、「停電灯」と呼ばれる照明装置が付いています。

停電になったときは、この「停電灯」がバッテリー電源によって自動点灯しますので、真っ暗になることはありません。

補足:平成21年の建築基準法施行改正に伴い、「停電時自動着床装置」の設置が義務付けられました。

この装置が付いているエレベーターは、停電になっても、バッテリー電源によって、自動的に最寄りの階まで運転し、扉を開きます。


ルクスとは?

ルクス(単位:lx)とは、照度を表す単位です。つまり、その場所(面)の明るさを表す単位です。

ルクスとルーメンの違い

家電量販店でLED電球を購入するとき、ルーメン(単位:lm)という単位が使われてるのを見たことがあると思います。

ルーメンとは、光源自体(電球・蛍光灯など)から発せられる光の量です。

1平方メートルの面積に、1ルーメンの光を均一に照らしたとき、照度は1ルクスになります。

最後に

停電灯が自動点灯することで、建物が停電してもエレベーター内が真っ暗になることはありません。

明かりがあることで、非常呼び出しボタン(緊急連絡先)を確認できたり、非常用のラジオ、トイレ、飲料水、食料などを見つけられたり、心理的な不安も和らぎます。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ