油圧式エレベーターとは

エレベーターの駆動方式は、「ロープ式」「油圧式」の2種類に大きく分けることができます。

ロープ式は、”電動モーター”でかごを昇降する方式です。私たちがマンションや商業施設で利用するエレベーターのほとんどが、この方式を採用しています。

そして、今回、解説する「油圧式」は、”油圧”でかごを昇降させる方式となります。

仕組み

油圧式エレベーターは、基本的に”油圧パワーユニット”で作動油を”油圧ジャッキ”に送り、かごを昇降する仕組みです。

※油圧ジャッキとは、油の圧力で物を支えたり、持ち上げる装置です。

油圧式エレベーターは、さらに、「直接式」「間接式」「パンタグラフ式」に種類が分かれます。

直接式油圧エレベーター

油圧ジャッキが直接かごを昇降させます。

油圧ジャッキの動きが直接かごに伝わるため、かごの積載量が大きい場合に適しています。

直接式油圧エレベーター

間接式油圧エレベーター

油圧ジャッキが滑車を動かし、滑車にロープや鎖を介して、かごを昇降させます。

「地中に油圧ジャッキを埋める必要がない」「ロープの掛け方(ローピング方式)により、効率的にかごを動かせる」メリットがあります。

間接式油圧エレベーター

最後に

油圧式エレベーターのメリットは、「建物上部に機械室を設けなくて良い」ことでした。

そのため、機械室なしのロープ式エレベーターが登場するまでは、多く採用されていました。

ただし、現在では、「昇降行程(走行できる距離)に限界がある」「速度が遅い」「消費電力が大きい」「部品が手に入りにくい」「新規製造を中止している」などの理由から、”油圧式エレベーター”から”ロープ式エレベーター”のリニューアルが多くなっています。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ