狭小住宅にホームエレベーターってどうなの?

住宅

ホームエレベーターのある家

と聞くと、何となく「広い家だな~お金持ちそうだな~」というイメージがありますが、最近は、一般家庭に設置されるケースも増えてきています。

特に、近年は、都市への人口集中や核家族化による世帯数の増加など、ライフスタイルの変化により、住宅の敷地が細分化し、いわゆる”狭小住宅”が増えてきました。

そのため、土地面積が15~30坪程度の狭小住宅にホームエレベーターを設置する事例も増えてきています。

では、実際のところ、狭小住宅にホームエレベーターを設置するってどうなのでしょうか?

設置に必要なスペース

ホームエレベーターホームエレベーターの商品ページ

狭小住宅にホームエレベーターを設置をする上で考えなければならない事は”設置スペースの確保”です。

「ホームエレベーターを設置するには、広いスペースが必要。」

そんなイメージを持っている方も多いと思いますが、最近は、ホームエレベーターの省スペース化が進んでおり、わずか畳1枚分のスペースに車椅子対応ホームエレベーターを設置することも可能です。

畳1枚分のサイズでありながら、定員は、2人(150kg)です。コンパクトサイズのため、狭小住宅に設置しても圧迫感がありません。

押入れスペースにも設置可能

押し入れ

今住んでいる家に”後付けで”ホームエレベーターを設置する場合は、押入れスペースをそのまま活用することもできます。

多くの一般住宅では、1階の押入れの真上に2階の押入れがあるため、1階の天井を開口するだけで設置スペースを確保できます。

住宅の間取りを変更等が必要ないため、比較的簡単なリニューアル工事でホームエレベーターを導入可能です。

逆に、将来、ホームエレベーターを設置することを見据え、住宅の設計段階から各階を押入れにして設置スペースを確保しておくのも良いでしょう。

価格・予算

高価なイメージの強いホームエレベーターですが、最近は、需要の拡大・技術の向上とともに価格が下がってきました。

価格は、メーカーや商品によって違いますが、おおよそ250~400万円です。

※ここから、さらに保守点検・バッテリー交換などの維持費(ランニングコスト)が発生します。

いす式階段階段昇降機という選択肢

ホームエレベーターを設置したくても、建物の構造(柱や梁の位置)や建築基準法上の問題で、どうしても設置できないケースがあります。

また、予算が合わないケースもあるかと思います。

そんな方は、いす式階段階段昇降機を検討してみてはいかがでしょうか?

いす式階段昇降機いす式階段階段昇降機の商品ページ

定員は1人。車椅子を乗せることはできませんが、60~100万円の低価格で提供されています。

使い方は簡単。椅子に座って、レバーを倒すだけでゆっくりと動き出します。

今ある階段をそのまま使うので、大規模な工事が必要なく、建物の構造制限も受けにくくなっています。工事期間は1日です。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ