簡易リフトを設置する際、オーバーヘッドが必要な理由

簡易リフトを設置する際は、最上階の床から天井までの高さを確かめます。
これは、ご希望されるサイズの簡易リフトが、設置出来るかどうか確認するためです。

ご希望のサイズに基づいて、設置に必要なオーバーヘッドの高さを計算します。

オーバーヘッドとは

オーバーヘッドとは、”最上階の床”から”マシンビーム”までの高さです(下図を参考)。
※マシンビームとは、巻上機を吊り下げる鉄骨です。

オーバーヘッドの図

なぜ、オーバーヘッドの高さを計算するのか

なぜ、オーバーヘッドの高さを計算するかといいますと、
簡易リフトの最上部に、カゴ(荷台)を動かす巻上機を取り付けるためです。

オーバーヘッドの高さが足りない場合は、通常の巻上機でなく、ローヘッド型の巻上機を採用します。

関連ページ:ハイパーリフト(簡易リフト)

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ