小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の確認申請から検査済証交付までの流れ

小荷物専用昇降機確認申請書

小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の確認申請が必要かどうかは、特定行政庁ごとに違います。
小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の確認申請について詳しくはこちら

このページでは、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)に確認申請が必要な場合の「手続きの流れ」を解説しています。

手続きの流れ

確認申請から検査済証交付までの流れは、次のとおりです。

1、確認申請

 

2、確認済証交付

 

3,小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の設置

 

4、完了検査の予約

 

5、完了検査

 

6、検査済証交付

 

7、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の使用開始

解説

1、確認申請

確認申請(かくにんしんせい)とは、建築設備(昇降機)の工事を着工する前に、その計画が「法令(建築基準関連規定)に適合しているか」を審査することです。

2、確認済証交付

確認済証(かくにんずみしょう)とは、”確認申請の内容が法令に適合していることを確認したとき”に交付する書類です。

確認申請が通り、”確認済証の交付”を受けて初めて小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の設置工事ができます。

4、完了検査の予約 5、完了検査

完了検査(かんりょうけんさ)とは、実際に設置した小荷物専用昇降機(ダムウェーター)が「確認申請の通りに設置されているか」「法令(建築基準関連規定)に適合しているか」を確認するための検査です。

information-completion-inspection3 information-completion-inspection4
▲検査員が完了検査を行っている様子

6、検査済証交付

検査済証(けんさずみしょう)とは、”完了検査で実際に設置した小荷物専用昇降機(ダムウェーター)が法令に適合していることを確認したとき”に交付する書類です。

“検査済証の交付”を受けて初めて小荷物専用昇降機(ダムウェーター)が使用可能になります


←小荷物専用昇降機(ダムウェーター)トップに戻る