竪穴区画を設けた簡易リフトを設置/兵庫県T倉庫様

竪穴区画を設けた簡易リフト

兵庫県の倉庫に簡易リフトを設置しました。
商品を台車に載せたまま昇降します。

設置作業の様子

設置作業の様子です。簡易リフトの部品を運んでいます。

トラック 部品

火災時の被害の拡大を防ぐ竪穴区画について

左写真が1階、右写真が2階から撮影した様子です。

T倉庫様の昇降機は消防法により、防火区画の一種である竪穴区画が設けられています。
火災発生時の被害を軽減する構造となっています。

1階または2階で火災が発生した時は、煙感知器が煙を検出し、防火シャッターが自動で閉まります。
防火シャッターと昇降機周りの防火壁により、別の階へ火災や煙が拡大することを防ぎます。
昇降機 昇降機の防火壁と防火シャッター

安全装置について

当社の簡易リフトにはドアリミットスイッチ、ドアロック、落下防止装置、地震時急停止装置等の安全装置が標準搭載されています。

ドアリミットスイッチは、扉が開いている時、操作スイッチを押してもカゴが動かないようにします。人が挟まる事故を防ぎます。

ドアロックは、カゴが到着していない時、扉が開かないようにします。人が挟まる事故、人の転落事故を防止します。

落下防止装置は、地震など何らかのトラブルによりカゴが落下した時に直ちに作動し、床への衝突を防止します。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る