<荷物昇降機の設置>フォークリフトでパレットを昇降/茨城県N工場様

荷物昇降機-工場

茨城県の工場に設置したハイパーリフト(荷物昇降機)をご紹介します。
工場で生産した商品を2階に上げるために使用します。

本体右の写真を見るとカゴ(荷台)が床より高い位置にあることが分かると思います。
これはフォークリフトを使ってパレットを積み降ろしするためとフォークリフトがカゴ内に誤って入らないようにするためです。ハイパーリフトにパレットごと荷物を入れることができますので、従業員の負担が減り、作業効率が向上します。

操作スイッチ上部にはブザーが付いています。ブザーを使うと他の階に音で合図を出すことができます。


安全装置について

ハイパーリフトは、ドアリミットスイッチ、ドアロック、落下防止装置、地震時急停止装置等の安全装置が標準搭載されています。

ドアリミットスイッチはカゴの動きを制御する装置です。フォークリフトでパレットを積み降ろししている時(扉が開いている時)、操作スイッチを押してもカゴは動きません。人が挟まる事故を防ぎます。

ドアロックはカゴが到着していない時、扉が開かないようにします。人が挟まる事故、人の転落事故を防止します。

落下防止装置はカゴの落下を防ぐ装置です。地震など何らかのトラブルによりカゴが落下した時に作動します。床への衝突を防止します。

地震時急停止装置は地震発生などによって振動を検知したらカゴを自動的に停止させます。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る