倉庫の移転に伴い荷物用リフトを設置/長野県Y倉庫様

荷物用リフト

長野県の倉庫に荷物用リフト(ハイパーリフト)を新しく設置しました。

きっかけは、倉庫の移転です。海外から仕入れた商品を1階・2階に上げ下げするために使います。

開口部

この開口部に荷物用リフトの昇降路がおさまります。

次の写真は、1階から見上げた開口部の様子です。

開口部

2階から開口部を見た様子です。

床の開口

※開口部を設けると、建物の強度に影響を及ぼすことがあるため、事前に打合せが必要となります。

部材

こちらは、荷物用リフトを組み立てるための部材です。

部材

巻上機の写真。荷物用リフトの上部に設置します。かご(荷台)を昇降させる重要な装置となります。

巻上機

鉄柱(四本柱)

本体の全体を支える鉄柱(四本柱)が組み立てられています。

四本柱

2階から撮影した様子です。上部に、かごを吊っている巻上機も見えます。

鉄柱

かご(荷台)の取り付け

かご荷物を載せる「かご」を取り付けました。

かご周りの安全装置として、扉が開いているときに操作不能にする「ドアリミットスイッチ」、かごが到着していないときは扉を開かないようにする「ドアロック」が付いています。

この他にも、当社が提供する荷物用リフトには、リミットスイッチ、ファイナルリミットスイッチ、落下防止装置が標準搭載されています。


完成

最後に、扉まわりに三方枠を取り付けたら、完成です。

今回は、荷物用リフトを設置するための「ピット(穴)」を掘らずに、スロープを設けて段差を解消しています。

完成

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る