倉庫リフトを設置/滋賀県T物流センター様

倉庫リフト-物流センター

滋賀県の物流センターに倉庫リフト(ハイパーリフト)を設置しました。
日々、大量の荷物を運ぶ物流センターでは倉庫リフトをフルに活用しますので、安全性と安定性が特に重要となります。当社が提供するハイパーリフトは独自の構造規格を採用し、高性能・低コストを図っています。リミットスイッチ、ファイナルリミットスイッチ、ドアロック、落下防止装置等の装置が標準搭載されており、安全性を考慮した設計となっています。

倉庫リフトを横から見た写真です。
扉の出入口方向は入り口と出入口が反対側にある貫通型を採用しています。
ハイパーリフトは、場所・用途に合せて「高さ」「カゴサイズ」「積載」「扉の出入口方向」等を自由に設定することが可能です。貫通型

扉を下から持上げる「上開き扉」を採用しています。
上開き扉を採用することにより、戸袋が必要なくなりますので倉庫リフトの設置スペースがコンパクトになります。また、伸縮扉のように扉開閉時に指が挟まるおそれがありません。
※戸袋:引き戸を開けたときに戸が収納される場所。
上開き扉

エキスパンドメタル昇降路の外装は、費用・コストが安いエキスパンドメタルを採用しました。

エキスパンドメタルは、昇降路側面を完全に覆う鋼板パネル等と比べて軽量ですが、接合部分は一体となっており、高い強度を発揮します。


その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る