<工場に簡易昇降機を設置>台車ごと荷物を昇降/静岡県I機械製造業様

工場-簡易昇降機

静岡県 I機械製造業様の工場にハイパーリフトを設置しました。
ハイパーリフトとは、設置場所や用途に合わせて自由にカゴサイズ、積載、本体の高さ等を設定できる簡易昇降機です。部品を1階から2階に上げるために設置しています。

扉について

扉扉を下から持上げる「上開き扉」を採用しています。
上開き扉を採用することにより、溝がなくなります(段差ができません)。

I機械製造業様では、台車ごと部品をカゴに積み込みます。
カゴとフロアの間はフラットですので、小さな車輪の台車も段差に引っかかることなく積み込むことができます。


操作スイッチについて

操作スイッチ左の写真は操作スイッチです。
一番上の緑色ランプは運転中を知らせます。
その下の赤色ランプは扉が開いていると点灯し、点灯中は運転できません。

ハイパーリフトの操作スイッチには標準でブザーが付いています。
ブザーを使って他の階に音を鳴らして合図をすることが可能です。


安全装置について

こちらのハイパーリフトに付いている安全装置についてご紹介します。
安全装置の中でも重要になるのが、ドアリミットスイッチ、ドアロック、落下防止装置となります。

ドアリミットスイッチは、カゴの動きを制御する装置です。扉が開いている時、操作スイッチを押しても動かないようにします。人が挟まる事故を防ぎます。

ドアロックは、カゴが到着していない時、扉が開かないようにします。人が挟まる事故、人の転落事故を防止します。

落下防止装置は、カゴの落下を防ぐ装置です。地震など何らかのトラブルによりカゴが落下した時に作動します。床への衝突を防止します。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る