小型昇降機<昇降路有>を工場に設置/栃木県S金属製造業様

小型昇降機-栃木県

栃木県のS金属製造業様の工場に設置したピラリフター(小型昇降機)をご紹介します。
本体と昇降路の設置を当社で行いました。

ピラリフター(小型昇降機)の組立てについて

左の写真は組み立て前の部品です。
当社が提供しているピラリフターは、主に3つの部品(ベース部、支柱部、カゴ部)から構成されています。S金属製造業様では安全のため、カゴ部に柵・扉をオプションで付けています。
右の写真はベース部と支柱部を接続している様子です。
部品一覧 組立て

振止めと呼ばれるピラリフター本体を固定するための装置です。
カゴ(荷台)が昇降している時の揺れを抑えます。
振れ止め 振止め

ピラリフター(小型昇降機)の安全対策について

昇降路S金属製造業様では昇降路(ピラリフター周りの囲い)を設けています。
これは運転中のカゴや床に空いた穴に、人が近寄れないようにするための対策です。

落下防止装置も標準搭載しています。地震などが発生してカゴが落下しそうになった時、支柱の穴にクサビが食い込み、カゴをその場で停止させます。


左写真はドアリミットスイッチと呼ばれる装置です。人が挟まる事故を防止します。
この装置の働きによって扉が開いている時、操作ボタンを押してもカゴが動かなくなります。
右写真は外扉(昇降路の扉)に付いているドアリミットスイッチです。
2つのドアリミットスイッチにより、2つの扉(カゴの扉、昇降路の扉)を閉めなければカゴは動きません。
荷台のドアリミットスイッチ 昇降路扉のドアリミットスイッチ

その他のピラリフター設置事例



←ピラリフターの設置事例一覧に戻る