飲食店に小型ダムウェーターを設置/広島県Aうどん屋様

hiroshima-a-udon-main

新規オープン予定の広島県のうどん屋さんに、新しくダムウェーターを設置しました。厨房から客席にうどんや飲物を運びます。

ダムウェーターの設置内容
品番 ADC-400G(コンパクトタイプ)
積載 30kg
本体寸法 幅:570mm×奥行き:570mm
昇降速度 45m/min(50Hz/60Hz)
設置場所 うどん屋

設置場所について

今回、ダムウェーター設置する店舗の外観です。

hiroshima-a-udon-before2

この枠の中にダムウェーターを設置します。

hiroshima-a-udon-before1

開口部

1階の天井に開口部を設けました。この開口部にダムウェーターの昇降路を通します。

次の写真は、1階から開口部を見た様子です。

hiroshima-a-udon-opening1

2階から開口部を見た様子です。

hiroshima-a-udon-opening2

現場に搬入

当社が提供しているダムウェーターコンパクトタイプ(ADC型)は、現地組み立て式です。そのため、基本的に溶接などの作業は必要なく、据付工事は1日で完成します。

今回設置するダムウェーターを軽トラックで搬入しています。

hiroshima-a-udon-loading

各種部品(組立て前)

左写真は、料理・飲物・小荷物を載せる「かご(荷台)」です。右写真は、昇降路の壁となります。

hiroshima-a-udon-parts1

こちらは、ダムウェーターの上部に設置する巻上機です。この巻上機でかご(荷台)を上げたり、下げたりしています。

hiroshima-a-udon-motor

設置工事の様子

昇降路を組み立てている様子です。

今回、昇降路は、スチール(鋼)を採用しています。スチールを選ぶメリットは、ステンレスと比べて安価なことです。

また、焼付け塗装(塗料に加熱して硬化させる塗装方法)を施していますので、耐光性、耐摩耗性に優れ、塗装が剥がれにくくなっています。

hiroshima-a-udon-setting1

ダムウェーター設置後は、基盤・配線工事を行います。

hiroshima-a-udon-setting2

完成

今回、設置したダムウェーターのコンパクトタイプ(ADC-400G)は、本体寸法が幅:570mm×奥行き:570mmと小型です。

そのため、飲食店の厨房など、どうしてもスペースを取りにくい場所で多く採用されています。

hiroshima-a-udon-complete

扉を開けて、荷台にペットボトル入れて、操作ボタンを押している様子


その他の小荷物専用昇降機(ダムウェーター)設置事例



←小荷物専用昇降機(ダムウェーター)の設置事例一覧に戻る