竪穴区画が適応している建物に簡易リフトを設置/千葉県C様

簡易リフトを店舗に設置/千葉県C様

ホームページよりお問い合わせをいただき、ハイパーリフトを店舗に設置しました。

地上2階、地下1階の大型店舗で商品などの昇降をおこないます。この建物は消防法により、防火区画の一種である竪穴区画が設けられています。

利用場所 店舗
停止箇所 3停止(地下1階~2階)
入口出し入れ方向 一方向
出入口扉 上開1枚扉(手動式)

竪穴区画が適応の店舗に簡易リフトを設置

竪穴区画が適応される建物に簡易リフトを設置する際は、昇降路を難燃材料で区画し、乗場付近を「遮炎性能」「遮煙性能」の両方の性能をもつ防火扉や防火シャッターで区画する必要があります。

防火戸(防火設備として必要な仕様を備える戸)防火扉
防火シャッター防火シャッター

竪穴区画とは

竪穴区画というのは、階段、吹き抜け、エレベーターの昇降路など建物の複数階を貫通する竪穴部分に対する防火上の区画のことです。

この竪穴部分から、火災時の煙や炎を上方階に拡散することのないようにします。

竪穴区画は、耐火建築物などに対して法律で決められている防火区画のひとつで、他には面積区画と呼ばれるものもあり、どちらも建築基準法施行令第112条で構造要件が定められています。

スロープでスムーズに出し入れ

地下を含めた階層に簡易リフトを設置するなど、ピットを掘ることができない場合は、スロープを取り付けることでスムーズな出し入れが可能になります。

スロープの取り付け後スロープの取り付け後
スロープがない階層スロープがない階層

アイニチでは、様々なリフトの設置経験があります。現場状況に合わせたリフトをご提案させていただきますので、一度お問い合わせください。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る