簡易リフトを倉庫兼事務所に設置/大阪府P様

簡易リフトを倉庫兼事務所に設置/大阪府P様

ホームページよりお問い合わせをいただき、ハイパーリフトを倉庫兼事務所に設置しました。

お客様のご要望は、作業場で使用するものを、リフトを使って昇降させたいということでした。お客様との打合せや現場の状況などから判断し、今回は2停止貫通型のものをご提案いたしました。

倉庫兼事務所倉庫兼事務所

利用場所 倉庫兼事務所
停止箇所 2停止(1階~2階)
入口出し入れ方向 貫通方向
出入口扉 上開1枚扉(手動式)

停止箇所、入り口出し入れ方向について

2停止というのは、2箇所停止する階があるという意味で、停止階が1階から2階、停止階が2階から3階というような場合がそれに当てはまります。

簡易リフトの1階部分建物1階部分
簡易リフトの2階部分建物2階部分

貫通型は、1階と2階で出し入れ口方向を分けられる構造のものです。例えば、1階は正面方向から荷物を入れたとすると、2階は逆方向から荷物を取り出すことができます。

今回の現場は、2階が作業場になっており、1階で昇降させた緩衝材などを2階で使用するといった流れになります。

緩衝材など2階の作業場で使用する緩衝材
フォークリフトと簡易リフトパレットを利用して荷物を昇降させられます。

ハイパーリフトは一般的なパレットも入れられるサイズで製作できます。フォークリフトを活用し、パレットをリフトに乗せれば、そのまま荷物を昇降させられます。

安全装置について

また、ハイパーリフトは複数の安全装置を備えています。

ドアが開いている場合、カゴを動かないようにする「ドアリミットスイッチ」や、リフトのカゴを止める際に利用する「停止リミットスイッチ」。

ドアリミットスイッチドアリミットスイッチ
リミットスイッチ停止リミットスイッチ

カゴが乗場にない場合、外扉を開かないようにする「ドアロック」などがあります。

ドアロックドアロック

今回のような、上下階で出し入れ方向を変えたい場合、貫通型のリフトがぴったりです。
その他、現場状況に合わせたリフトをご提案させていただきます。一度お問い合わせください。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る