倉庫に両貫通型の簡易リフトを設置/静岡県S倉庫

倉庫に両貫通型の簡易リフトを設置/静岡県S様

ホームページよりお問い合わせをいただき、ハイパーリフトを倉庫に設置しました。

2階建ての倉庫で、それぞれ作業場と倉庫にある荷物を上げ下げするために、簡易リフトを利用されます。

利用場所 倉庫
停止箇所 2停止(1階~2階)
入口出し入れ方向 貫通方向
出入口扉 上開1枚扉(手動式)

両貫通型の簡易リフトを設置

効率よく荷物が出し入れできるように、両貫通型の簡易リフトを設置しました。1階が両貫通、2階は1方向の出入口で製作しています。

両貫通型の簡易リフト(閉扉時)両貫通型の簡易リフト(閉扉時)
両貫通型の簡易リフト(開扉時)両貫通型の簡易リフト(開扉時)

両貫通型とは

まず貫通型というのは、リフトが停止する階によって出入口方向が反対になることです。例えば、1階と2階に停止するリフトで、1階は手前側に、2階は奥側に出入口方向がある場合です。

両貫通型というのは、同じ階の手前側、奥側どちらにも出入口方向があることです。今回のように、1階は両貫通、2階は1方向に出入口があることもあります。

2階の出入口方向2階の出入口方向

扉の出入口方向について/一方向・貫通型・L字型

両貫通型のカゴ扉や縞鋼板

両貫通型や貫通型でリフトを設置した場合、扉の向きに合わせてカゴ扉を設置します。つまり、両貫通型、貫通型ともに両側にカゴ扉があるということです。

荷物の乗り降ろしの際に滑り止め効果が期待できる縞鋼板は、現場の状態に合わせ、周囲を囲うように配置しました。

簡易リフトのカゴ扉両側にカゴ扉があります
縞鋼板今回の縞鋼板は周囲を囲うように配置

アイニチでは、様々なリフトの設置経験があります。現場状況に合わせたリフトをご提案させていただきますので、一度お問い合わせください。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る