負荷時間率(%ED)とは/用語の意味を解説

小型電動リフト小型電動リフト(ピラリフター)や電動ウインチなどの取扱い注意事項を確認していると「この商品の負荷時間率は、○○%ED以内でご使用ください。」という一文を見かけることがあります。

では、この「負荷時間率」とは何でしょうか?


負荷時間率(%ED)とは

負荷時間率とは、モーターの「運転時間(負荷時間)」の割合を百分率(パーセント)で表したものです。モーターの温度上昇による焼損を防止するために用います。

もう少し分かりやすく説明すると、「通電時間」と「停止時間」の合計時間を”1サイクル”としたとき、その1サイクル中の「通電時間」の割合が負荷時間率となります。

※負荷時間率は、「%ED」という記号で示すことができます。%EDは、ドイツのVDE規格にある「Einschalt Dauer(仕事率時間)」の頭文字を取ったものです。

計算方法

負荷時間率(%ED)の計算方法は、次のとおりです。

負荷時間率の計算式

例えば、通電時間が20秒、停止時間が80秒のとき、負荷時間率は次のように計算できます。

負荷時間率の計算式の例

負荷時間率は、20%EDです。

使用例

1、負荷時間率が100%ED

連続運転が可能(停止時間が必要ない)。

2、負荷時間率が50%ED

1分の運転をしたら、1分の停止が必要。

3、負荷時間率が40%EDの電動リフトを、100秒運転するときに、必要な停止時間。

停止時間を「t」として計算すると

負荷時間率 = 40 = 100 ÷ (100 + t) × 100
t = 150

つまり、100秒運転したとき、150秒の停止時間が必要となる。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ