簡易リフトで材料を運搬する/福島県T珈琲店様

珈琲店の簡易リフト

福島県の珈琲(コーヒー)店に簡易リフトを新しく設置しました。

1階から2階に材料を運ぶために使用します。

設置場所

T珈琲店様の店内はおしゃれで落ち着きのあるデザインとなっており、本格的なコーヒーを心ゆくまで堪能できます。

カフェ

操作スイッチ

操作スイッチこちらは、簡易リフトのかご(荷台)を昇降させる操作スイッチです。

ボタンの種類は、「1F」「2F」「ブザー」「停止」だけ。専門的な知識がなくても操作できるようになっています。

ブザーボタンを押せば、他の階に合図を送ることが可能です。


三方枠のちり

ちり右写真の段差(壁面から部材の段差)は”ちり”と呼ばれる部分です。

建築家と打合せするときに、「三方枠のちりは、○○mmにしよう」というやり取りをします。


人は乗れない

簡易リフトは、労働安全衛生法関連法令で「人が乗ってはならない」と定められています。

そのため、当社では、簡易リフトをはじめて使う人にも分かるように「絶対に人は乗れません」というステッカーを見えやすい位置に貼っています。

絶対に人は乗れません

完成

今回、簡易リフトの扉は、「上開き扉(下から持ち上げて開ける扉)」を採用しています。

ぱっと見て、「重そう」と感じるかもしれませんが、この扉の後ろには”バランサー“と呼ばれる”重り”が付いおり、「扉」と「重り」を釣り合わせることで、軽くすーっと持上げられるようになっています。

上開き扉は、左右に”戸袋(戸が収納される場所)”が必要なく、頑丈なため、多くの簡易リフトで採用されています。

完成

また、お客様が安心・安全に使えるように「ドアリミットスイッチ」「ドアロック」「落下防止装置」等の安全装置を標準搭載しています。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る