簡易リフトを設置<資格や技術がなくても荷物を昇降可能>/奈良県T倉庫様

簡易リフト-倉庫

当社運営のホームページからご依頼をいただき、奈良県の倉庫にハイパーリフト(簡易リフト)を設置しました。
荷物を1階、2階に昇降させるために使用します。

ハイパーリフト(簡易リフト)を設置した理由

ハイパーリフトを設置する前は、フォークリフトを使用して荷物を1階から2階に上げていました。
フォークリフトを扱うためには資格を所持していなければならず、荷物の種類によっては熟練した技術も必要でした。

ハイパーリフトは資格や特別な技術がなくても、荷物を昇降させることができます。
1階から2階に荷物を上げる手順は「荷物を入れて」「扉を閉めて」「上がるボタン」を押すだけです。
また、台車ごと荷物をカゴ(荷台)に入れることでき、従業員の負担も減ります。
1階から撮影

安全装置について

当社の簡易リフトにはドアリミットスイッチ、ドアロック、落下防止装置、地震時急停止装置等の安全装置が標準搭載されています。

ドアリミットスイッチは、扉が開いている時、操作スイッチを押してもカゴが動かないようにします。人が挟まる事故を防ぎます。

ドアロックは、カゴが到着していない時、扉が開かないようにします。人が挟まる事故、人の転落事故を防止します。

落下防止装置は、地震など何らかのトラブルによりカゴが落下した時に直ちに作動し、床への衝突を防止します。

その他のハイパーリフト設置事例



←ハイパーリフト(簡易リフト)の設置事例一覧に戻る