エレベーターの性能検査と定期検査報告、両方受ける必要がありますか?

リフト・エレベーター豆知識Q&A

Q.エレベーターの性能検査と定期検査報告は重複して受ける必要がありますか?

A.基本的に性能検査と定期検査を重複して受検する必要はありません。

労働安全衛生法による性能検査を受検しているものは、建築基準法による定期検査報告の対象外となります。

令第16条により報告対象として指定される建築設備等
労働安全衛生法施行令第1条第9号に規定するエレベーター(労働基準法別表第1第1号から第5号に掲げる工場等に設置されているもののうち一般公衆の用に供されていないもの。)のうち、同令第12条第1項第6号に該当するもの(積載荷重が1トン以上のもの。)を除く。
出典:国住指第3812号

たとえば、会社の事業主体が労働基準法別表第1の1から5に規定する事業へ変更となった場合には、性能検査を受けることになります。

性能検査を受けた後に発行される「エレベーター検査証」の写しを、所轄の特定行政庁または、昇降機等の定期検査報告書を受け付ける地域法人等に提出する必要があります。

詳細に関しては特定行政庁により決めごとが異なるため、お近くの行政庁にご確認お願いいたします。

Pocket

当サイトの運営会社

昭和29年創業以来、アイニチ株式会社は、産業機械を扱っており、主に工場・倉庫・住宅用昇降設備をメインとしています。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

>こちらからお役立ちコンテンツをご覧いただけます

お問い合わせー各営業所の電話番号

人気の記事

アーカイブ

お問い合わせ