エレベーターの性能検査と定期検査、両方受ける必要がありますか?

Q.エレベーターの性能検査と定期検査は重複して受ける必要がありますか?

A.性能検査と定期検査を重複して受検する必要はありません。

労働安全衛生法による性能検査を受験しているものは、建築基準法による定期検査報告の対象外となります。

たとえば、会社の事業主体が労働基準法別表第1の1から5に規定する事業へ変更となった場合には、性能検査を受けることになります。

性能検査を受けた後に発行される「エレベーター検査証」の写しを、所轄の特定行政庁または、昇降機等の定期検査報告書を受け付ける地域法人等に提出する必要があります。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ