2階リビングのデメリット解消、住宅用ダムウェーターのすすめ

リビング

リビングの日当たりを良くできる、風通しが良い、プライバシー性が高くなる、眺めが良くなる、天井を高く出来るなどのメリットから、最近はリビングを2階にするケースが多くなっています。

しかし、2階リビングにはデメリットもあり、その1つが「階段の上り下りが増えてしまう」ことです。

特に、お米、牛乳・水などの重たい荷物を手に持ちながら、階段を上り下りするのは大変です。

まだ、若いうちは大丈夫かもしれませんが、高齢になって足腰が弱くなってきたとき、または、足を怪我をしてしまったときは、ますます大変になってきます。

そのようなデメリットを解消するのが、ダムウェーター(正式名称:小荷物専用昇降機)です。

ダムウェーターを活用することで、1階から2階に重たい荷物をボタン一つで移動できます。

ダムウェーターとは

ダムウェーターとは、建築基準法で規定される昇降機です。

簡単に説明すると「荷物だけを運べる小さなエレベーター」です。

滋賀県に設置したダムエータ-
▲ダムウェーターの写真

これまでは、飲食店で料理を運ぶためや小中学校で給食を運ぶためなど、業務用で利用されることが多かったのですが、最近では個人住宅に設置する事例も増えつつあります。

新築住宅にダムウェーターを設置/兵庫県I様邸

ダムウェーターをおすすめする理由

ダムウェーターをおすすめする最も大きな理由は、「重たい荷物の2階リビングへの移動が楽になること」ですが、その他にもいくつかおすすめする理由があります。

1. 設置スペースをとらない

ダムウェーターは、コンパクト・省スペース設計です。

一番小さいサイズで幅570mm×奥行570mmのスペースに設置可能。これは、標準的な400L冷蔵庫(3~4人家族向け)より小さいサイズです。

そのため、既存住宅にダムウェーターを設置する場合は、ホームエレベーターと比較して小規模な工事で済みます。

2. 価格が安い

ダムウェーターは、ホームエレベーターと比べると価格が安くなります。

ホームエレベーターの価格が250~400万円に対して、ダムウェーターの価格は100~150万円と半額以下です。

3. 取付工事の期間が短い

当社が提供しているダムウェーターのコンパクトタイプであれば、外装一体型(昇降路工事が不要)のため、各階の床を開口をしておけば、取付工事1日で終わります。

※ホームエレベーターの取付工事は、3~5日かかります。

4. 簡単に使える

使い方は簡単。荷物を載せてから、扉を閉めて、ボタンを押すだけです。

5. 法令を遵守した安全な構造

ダムウェーター(正式名称:小荷物専用昇降機)は、昇降機の一種であり、建築基準法施行令第129条の3で定義されています。

建築基準法関連規則で定められた構造で設計。各種安全装置が標準で付いています。

最後に

「自宅にエレベーターを設置したい」となったら、まっさきに、ホームエレベーターが頭に浮かぶと思いますが、一度、ダムウェーターやいす式階段昇降機など、他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

予算や住宅の構造上、ホームエレベーターの設置が厳しく、諦めている方も、ダムウェーターであれば条件がピッタリ合うかもしれません。

内閣府の統計を見ると、家庭内の階段による事故は、20歳~65歳未満で12.9%、65歳以上で18.7%にのぼります。特に、重たい荷物を両手に持ちながら、階段を上り下りすると転倒・転落のリスクがさらに高まります。

ダムウェーターを設置することで、そのような危険を回避し、日々の生活を豊かにすることが可能です。

小荷物専用昇降機(ダムウェーター)のお見積り依頼・図面作成は無料

お陰様で昨年2015年度、昇降機の新規設置・リニューアル年間実績は170台となりました。

アイニチは、日本全国のお問合せにご対応致します。
ご不明な点がございましたら、どんな些細なことでも遠慮なくお尋ねください。昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

見積書と図面のサンプル

>昇降機総合カタログをWebでご覧いただけます

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ