世界一速いエレベーターは?ランキングTOP3

台北101

今、世界各国で高層ビルの建設ラッシュが続いています。

ビルが高層化するにともない、「高速エレベーター」のニーズも高まってきました。

一般的なマンションのエレベーターの速度は、分速45m~105m程度となりますが、世界一速いエレベーターは、どのくらいの速度になるのでしょうか?

世界のエレベーターの速度ランキング

次の表が、稼働中のエレベーターの速度ランキングとなります。

順位 名称(国・地域名) 速度 地上高さ 竣工年 メーカー
1 台北101(台湾) 1,010m/分 509m 2004年 東芝
2 横浜ランドマークタワー(日本) 750m/分 296.3m 1993年 三菱電機
3 サンシャイン60(日本) 600m/分 239.7m 1978年 三菱電機
3 高雄85ビル(台湾) 600m/分 378m 1996年 三菱電機
3 上海環球金融中心(中国) 600m/分 492m 2008年 日立
3 広州タワー(中国) 600m/分 600m 2009年 OTIS
3 ブルジュ・ハリファ(アラブ首長国連邦ドバイ) 600m/分 828m 2010年 OTIS
3 東京スカイツリー(日本) 600m/分 634m 2012年 東芝

上の表から、現在、世界一速いエレベーターは、台湾台北市の「台北101」(地上高さ509m、101階)に設置されているエレベーターと分かります。

メーカーは、東芝エレベータ製で分速1,010m(時速60.6km)。地上1階から89階までをわずか”39秒”で結びます。「1分間に1キロメートル以上移動する」と考えると、驚きの速度です。

このエレベーターは、2004年、イギリスのギネス社により、「世界最速クラスのエレベーター」としてギネスブックにも認定されています。

さらに速いエレベーターの計画も・・・

現在、日本メーカーが台北101を超えるエレベーターの設置を計画しています。

三菱電機は、まもなく完成予定の中国上海市の「上海中心大厦(上海タワー)」(地上高さ632m、128階)に”分速1080m(時速64.8km)“の高速エレベーターを納入しています。

追記:三菱電機は2016年5月10日に世界最高速度となる”分速1230m(時速73.8km)“のエレベーター技術を開発したと発表しました。

この技術を7月中旬に「上海中心大厦(上海タワー)」に納入しているエレベーターの1台に適用させる予定です。地下2階から地上119階の展望階まで約53秒で到達できるようです。

実現されれば、台北101を抜いて世界最速エレベーターとなります。

また、日立製作所(日立)は、2016年の開業を目指す、中国広州市に建設中の「広州周大福金融中心」(地上高さ530m、111階)に”分速1200m(時速72km)“のエレベーターを納入する予定となっています。

国内メーカーの間で高速エレベーターの競争が激化しており、今後も、「どのぐらい速いエレベーターが登場するのか」注目していきたいところです。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ