昇降機の豆知識

投稿日 2015/05/28
更新日 2022/09/09

エレベーターのかごの照明装置の照度は50ルクス

エレベーターのかご内は、一定の明るさが必要です。


かごの床面で五十ルクス(乗用エレベーター及び寝台用エレベーター以外のエレベーターにあっては二十五ルクス)以上の照度を確保することができる照明装置を設けること。
出典:平成20年12月10日国土交通省告示第1455号

上記は、国土交通省が建築基準法施行に基づいて、定めているかごの構造の一部を抜粋したものです。

「かごの床面は50ルクス以上(乗用エレベーターと寝台用エレベーター以外は、25ルクス)の照度を確保すること」と記載されています。

ルクスとは

ルクス(lx)とは、照度を表す単位です。
ルーメンが照明装置自体の明るさを表すのに対し、ルクスは、その場所の明るさを表すのに用いられます。

先ほどの法令では、かごの床面の照度と指定されていますね。

最後に、場所ごとの明るさ(ルクス)のおおよその目安をいくつか示してみます。

・ロウソク 10ルクス
・街灯下  100ルクス
・居間   200ルクス
・野球場  2000ルクス

関連記事

当サイトの運営会社

昭和29年創業以来、アイニチ株式会社は、産業機械を扱っており、主に工場・倉庫・住宅用昇降設備をメインとしています。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

お電話でのお問い合わせ

全国対応。お近くの営業所までお問い合わせください。

営業時間 / 8:30~17:30

休業日 / 土日祝

大阪(本社)

仙台

千葉

埼玉

東京

神奈川

名古屋

岡山

福岡