ホームエレベーターを店舗併用住宅に設置するときの条件

一戸建て

このページでは、店舗併用住宅(住居と店舗が一緒になっている家屋)にホームエレベーターを設置する際の条件を解説します。

ホームエレベーターとは

ホームエレベーターとは、住戸内のみに設置できるエレベーターです。そのため、不特定多数の人が利用する建物(店舗・事務所など)には設置できません。

ホームエレベーターの使用者は、同じ住居内に同居する家族に限られます。

法令

法令では、特殊な構造又は使用形態のエレベーターに区分されます。

かごが住戸内のみを昇降する昇降行程が十メートル以下のエレベーターで、かごの床面積が一・一平方メートル以下のもの
出典:特殊な構造又は使用形態のエレベーター及びエスカレーターの構造方法を定める件

店舗併用住宅について

ホームエレベーターを店舗併用住宅(住居と店舗が一緒になっている家屋)に設置するときは、店舗から直接使用できない場所に設置する必要があります。

ホームエレベーターを店舗併用住宅に設置

住宅の玄関内だから設置できる

店舗併用住宅の図面

店舗には設置できない


補足:建物外部(公道や駐車場など)から直接、乗り込めるように設置してはいけません。※乗場出入口を鍵で施錠すれば設置可能。

商品ページ:ホームエレベーター

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ