三方枠の散り(ちり)について

簡易リフトを設置する時は、建築屋と「三方枠のちりは、何mmにするか」ということを打合せしています。

三方枠(さんぽうわく)とは

三方枠とは、エレベーターの入口の三方向などに設けられている枠のことをいいます。

三方枠

散り(ちり)とは

散り(ちり)とは、「壁面から部材の表面までの段差寸法」を意味する建築用語です。

ちりとは、一般的に壁面より部材の表面が出ている状態をいいますが、その逆(壁面が部材の表面より出ている状態)を”逆ちり”といいます。

次は、簡易リフトの三方枠を拡大した写真です。

軽天とプラスターボードと散り

写真では、軽天の厚さが約65mm、プラスターボードの厚さが12.5mm、ちりが約10mmとなっています。

軽天(けいてん)

軽天とは、LGS(軽量鉄骨)を用いた天井または壁の下地のことです。
※LGSとは、Light gauge steelの略です。

軽天とLGS

プラスターボード

プラスターボードとは、石膏(せっこう)が主成分の建築資材です。

安価で強度があり、耐火性、遮音性に優れているため、広く使われています。

一般的な厚さは、9.5mm、12.5mm、15mm、21mmの4種類です。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ