ダブルデッキエレベーターとは

ダブルデッキエレベーター

ダブルデッキエレベーター(double deck elevator)とは、同一の昇降路に上下2つのかごを設けたエレベーターであり、簡単に言うと「2階建てのエレベーター」です。

1931年に世界最大のエレベーターメーカー「オーチス・エレベータ」が世界で初めて発表しました。

ダブルデッキエレベーターのメリット

ダブルデッキエレベーターを導入するメリットは、一度に上下2つのかごに人が乗れることです。

これにより、輸送能力が1.5倍~1.9倍向上し、エレベーターが混雑する時間帯である”毎朝9時前(始業時間前)”と”12時前後(お昼時)”の長待ちを解消できます。

また、エレベーターの設置台数を少なくし、建物面積に占めるエレベーターの割合を減らすことで、オフィスビルにおいては、より多くの事務所空間を貸し出すことも可能です。

ダブルデッキエレベーターのデメリット

ただし、ダブルデッキエレベーターには、メリットだけではなく、デメリットもあります。

それは、ダブルデッキエレベーターの構造上、下のかごは奇数階(例:1、3、5階・・・)、上のかごは偶数階(例:2、4、6階・・・)にしか停止できないことです。

そのため、基本的には、1階と2階はエスカレーターで繋がれており、奇数階へ向かう人は1階から、偶数階へ向かう人は2階から乗り込むようになっています。

ダブルデッキエレベーターとエスカレーター

また、上のかごが32階で停止して人が乗降しているときは、下のかごでは「下かご乗降中です。しばらくお待ち下さい。(The other car is now service)」というアナウンスが流れ、上のかごの乗降が終わるまで待たされることになります。

スーパーダブルデッキエレベーターについて

従来のダブルデッキエレベーターでは、階高(各階の床から床の高さ)が高い”1階”と”その他の階”とで、エレベーターのかごが床と合わなくなってしまいます。

その問題を解決するために登場したのが”スーパーダブルデッキエレベーター”です。

スーパーダブルデッキエレベーターは、「下のかご」と「上のかご」の間がパンタグラフ等で伸び縮み可能。階高を調整できるようになっているため、階によって天井の高さが違う場合でも設置できます。

ダブルデッキエレベーターの導入事例

最後にダブルデッキエレベーターの導入事例をご紹介します。超高層ビルを中心に採用されています。

  • ・大阪大林ビルディング(大阪府大阪市中央区)
  • ・六本木ヒルズ森タワー(東京都港区六本木)
  • ・リバーサイド隅田 セントラルタワー(東京都墨田区)
  • ・虎ノ門ヒルズ(東京都港区虎ノ門)
  • ・ミッドランドスクエア(愛知県名古屋市中村区)
  • ・上海環球金融中心(中国)
Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ