エレベーターのドアシューについて

このページでは、エレベーターのドアシューについて解説しています。

ドアシューとは、エレベーターの扉を敷居溝に沿って動かすための部品です。

軟質な素材で作られています。
これは、扉に物などがぶつかったとき、衝撃を吸収するためです。

ドアシューは、敷居の溝にはめられています。
敷居溝とドアシューには、隙間がありますが、この隙間が大きくなると扉がスムーズに動かなくなります。
(敷居溝とドアシューを上から見たイラストを参考)

敷居溝とドアシューを上から見たイラスト

不具合が発生すると、扉の開閉がおかしくなったり、異音がなったりします。

エレベーターのドアシュー
▲エレベーターのドアシュー写真

エレベーターのドアシューが敷居溝にはまっている
▲エレベーターのドアシューが扉の敷居溝にはまっている写真

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ