寝台用エレベーターとは

寝台用エレベーター

寝台用エレベーターとは、寝台や担架(ストレッチャー)に寝たままの患者を輸送することが目的のエレベーターです。そのため、一般的に、奥行き方向のスペースが広くなっています。

主に、病院、養護施設、福祉施設などで設置されています。

法令について

寝台用エレベーターは、寝台や担架をかごに載せたとき、面積をとる割に重量が軽いため、かごの積載荷重が乗用エレベーターより暖和されています。

具体的には、寝台用エレベーターは、乗用エレベーターと比べると、同じ定員に対して、かご床面積が大きくなります。

例えば、定員が15名の場合、かご床面積はそれぞれ次のようになります。

乗用エレベーター 2.40m²
寝台用エレベーター 3.75m²

備考:定員は、1人あたり65kgとして計算します。寝台用エレベーターのかごの積載荷重(単位:N)は、床面積1m²あたり2,500Nとして計算します。

設置場所の制限について

共同住宅、事務所ビルなど、一時的に多数の乗客が乗り込む可能性のある建物には設置できません。

また、大規模な病院等は、多数の見舞客や外来患者が乗り込むおそれがあるため、乗用エレベーターの併設を原則としています。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ