ロープ式エレベーター(トラクション式)の構造と各部名称

このページでは、マンションやビルに設置されている「トラクション式(機械式ありタイプ)」の各部名称をご紹介しています。

トラクション式とは、つるべ式とも呼ばれ、”人が乗り降りするカゴ”と”つり合いおもり”の重量をつり合わせ、巻上機で効率的に駆動させる、エレベーターのもっとも基本的なタイプとなります。

ロープ式エレベーター(トラクション式)の構造と各部名称

巻上機
人が乗り降りするかごを動かす装置です。エレベーターの心臓部です。

制御盤
さまざまな機器に電気を供給、管理します。エレベーターの頭脳です。

操作盤
エレベーターを操作するボタンです。
操作ボタンを押すと、エレベーターは指定した階に移動します。

メインロープ
かご、つり合いおもりを吊り下げているロープです。

リミットスイッチ
エレベーターの安全装置です。何らかのトラブルで正常に停止しなかった時に、エレベーターを強制的に停止させます。

調速機とガバナーロープ
エレベーターの落下を防止する安全装置です。
何らかのトラブルでエレベーターが落下したとき、調速機が作動し、床への衝突を防ぎます。

関連ページ:乗用エレベーター

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ