エレベーターのピットの深さについて質問

Q. エレベーターのピットの深さは何mですか?

A. エレベーターのピットの深さは、かごの昇降速度(定格速度)によって異なります。

ピットの深さを示した図

※ピットの深さは、エレベーターの最下階の床面~昇降路の底部までをいいます。

次は、トラクション式および巻胴式エレベーターの「かごの定格速度」と「ピットの深さ」を表にしたものです。

かごの定格速度とピットの深さの表
かごの定格速度 ピットの深さ
45m/分以下の場合(V≦45) 1.2m
45m/分を超え、60m/分以下の場合(45<V≦60) 1.5m
60m/分を超え、90m/分以下の場合(60<V≦90) 1.8m
90m/分を超え、120m/分以下の場合(90<V≦120) 2.1m
120m/分を超え、150m/分以下の場合(120<V≦150) 2.4m
150m/分を超え、180m/分以下の場合(150<V≦180) 2.7m
180m/分を超え、210m/分以下の場合(180<V≦210) 3.2m
210m/分を超え、240m/分以下の場合(210<V≦240) 3.8m
240m/分を越える場合(240<V) 4.0m

V=定格速度

例えば、かごの定格速度が65m/分のとき、ピットの深さは1.8m以上必要になります。

なお、参考として、一般的なマンションのエレベーターの定格速度は、45m~105m/分です。

Pocket

当サイトの運営会社

アイニチは、荷物用・家庭用の昇降機・エレベーターを扱っている創業昭和29年の会社です。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ