小荷物専用昇降機の違いについて(コンパクト・テーブル・フロア)

弊社がご提供している小荷物専用昇降機(ダムウェーター)には3種類のタイプがあります。
この記事では、それぞれの違いを表にまとめてご紹介します。

コンパクト・テーブル・フロアタイプの違いについて

  コンパクトタイプ テーブルタイプ フロアタイプ
参考写真 小荷物専用昇降機(コンパクトタイプ) 小荷物専用昇降機(テーブルタイプ) 小荷物専用昇降機(フロアタイプ)
特徴 ・据付工事は一日で完成
・設置面積570mm~870mmのコンパクト設計
・外装一体型で昇降路工事は不要
・昇降路が必要
・積載150kgまで対応可
・かごの大きさはW700×D700×H900まで対応可
・台車ごと荷物を搬入
・積載200~500kgまで対応可
・かごの大きさはW1000×D1000×H1200まで対応可
取出し口高さ 腰の高さ 床の高さ
出入口方向 正面/貫通/L字
かご
(荷台)の大きさ
(最小)
W400×D370×H650
※L字方向は(W355×D355×H650)
W500×D500×H650 W900×D1100×H1200
※L字方向は(W800×D800×H1200)
かご
(荷台)の大きさ
(最大)
W800×D770×H750
※L字方向は(W755×D755×H750)
W700×D700×H900 W1000×D1000×H1200
※L字方向は(W960×D960×H1200)
積載荷重 30kg~100kg 30kg~100kg
※条件によっては150kgも対応可
200kg~500kg
昇降速度 45m/min 22~45m/min
商品ページ コンパクトタイプ テーブルタイプ フロアタイプ

弊社でご提供している小荷物専用昇降機の違いになります。
その他の違いについてや不明点があればいつでもお問い合わせください。

Pocket

当サイトの運営会社

昭和29年創業以来、アイニチ株式会社は、産業機械を扱っており、荷物用・住宅用昇降機・エレベーターをメインとしています。

簡易リフト、荷物用エレベーター、小荷物専用昇降機(ダムウェーター)、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の新設・リニューアル・メンテナンスをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

昇降機の専門スタッフがお客様をサポート致します。

人気の記事

アーカイブ